前日に決断してひとりで平昌オリンピックを観に行った話。

2/9
とある仕事の都合で毎日終電続き、、ニュースもろくに見れてませんでしたが、平昌五輪が始まることはスポーツビジネスのフィールドで生きたいと思ってる以上はもちろん知っていました。
何より、大学時代、同じ学部でいちばんふたりで話す時間が長かったと思う、あやかちゃんが2度目のオリンピック出場を控えていました。北海道で2017年2月にあった、オリンピック出場を決めた試合は私が簿記取得のために現地で観戦できず、非常に悔しい思いをしたんです。あやかとはるちゃんが活躍して、出場を決めたあとのインタビューで泣いていたのを、私も泣きながらテレビ越しに見ていました。
あやかちゃんとはお互い仕事・練習があり全然会うことは出来ていませんでした。
でも、
・あやかちゃんがオリンピックで活躍する姿を現地で見るのが大学の時の私の夢だったんじゃないのか?
・2017年世界選手権Division1で優勝した、急成長しているスマイルジャパンを見たい!
・4年に1度のオリンピック、自分の友達が主力中の主力で出てるの見られるの人生で何度かしかない!(ま、あやかちゃんは35歳くらいの時になっても主力でやってそうだけどさ、)
・かつ、1泊で帰ってこられる近いところでやるそんなオリンピックはもうあまりない!
・スポーツビジネス的な観点で、どんなことが進んでいるのか、見てみたい!(弊社のスポーツ関係の上の人にも報告せねば。と思った。)

ってことをオリンピック開会式当日、スマイルジャパンの初陣前日に思考整理しました。笑
これはもう行くしかないやばいやばいとなりました。(AM9:00。笑)

そっからはチケット探しまして、
うおおおおあ!完売だ!!!ってなったけど諦めない!!当日券もあるかも!!とりあえずあやかちゃんにLINEらいん!!って連絡して(PM14:03)
チケット確約できないけどまあその時は違う競技見るわ!!!と心に決め、飛行機ばあーーーーっと探して仁川午前着!!!!ホテルはもうセキュリティよろしそうだったらよろし!!って感じで決めました。一生の経験を買うんだったら全然安い安い!ってマインド!!!(あ……平日です……仕事……してま……した……)
父親が数年間韓国に住んでいたこともあり韓国への抵抗はありませんでした。(まあみんな英語話せるだろうしひとりでも、なんかわかんないことあったらとりあえず父に電話すればいいや!と思ってました。)本当は通訳として連れていきたかったですが仕事!とのことで断念。小学生の時は私も父の仕事関係の人の韓国の同世代の子供と何人か英語でメールしあってたこともあったなあ〜

観戦チケットに関しては察していただき、
飛行機のチケットエクスペディアの詳細みたらあら、行き、ビジネスクラス!?ってなったけど後述しますが、ビジネスクラスで、本当に運が良かったです。
9:00成田→11:40仁川のOZ107、アシアナ航空を利用しました。
人生初のビジネスクラス!!スターアライアンスのGold track通れるのー!最高かよ!ってなりました。笑(成田に来たらラウンジに行って何かを飲まなければならない義務感あるのでコーヒー飲んでたら普通に時間やばかった。笑 手荷物検査結構並んでた。)
睡眠時間の短さやばくてあんま食欲なかったのが残念ですが、泣 シャンパン飲んでー席広かったなあ〜(語彙力)

で、
仁川から江陵までの移動手段。バスもあるらしいですけど、4時間は無理や!KTX(新幹線)一択!!とゆうことで夜バタバタした時に必死に予約しました。
チケット完売って出たり、やっぱ空きあり!ってなっていてちょっと焦りましたが、
予約しても乗車前のキャンセル料無料とのことで、1211仁川空港発と、1311仁川空港発のKTXを予約しました。
諸々の理由で15時過ぎには江陵に着く必要があったので1211仁川発じゃなきゃ間に合わなかったのです!!笑でも1140仁川着の飛行機からひとりで乗ったこともない電車乗るなんて非現実的すぎ!!ってなったため一応1311発も予約しました。(座席の確保ができないとKTX立ったまま乗車もあるそうです、それは怖すぎました。。)
結果的に仁川着の飛行機の座席が1Aだったのでいっちばんに飛び出し、イミグレまでダッシュ!!途中走ってったら一瞬検疫で止められたけどお前日本人か!ってなって、名古屋から来たの?成田?まーええわ!って言われた気がする。笑
イミグレで20分程度並んで(めっちゃ、焦った。。笑間に合うか不安だった……)
そっからまたダッシュして、1208くらいにKTX乗り場着で無事に乗れました!!!

KTXはというと、
行きはいわゆるグリーン車を予約したので、現地の方より海外からオリンピック目的で来た人が多かったです!隣はフィンランド代表のボード競技の人乗ってました。
グリーン車は席広々〜水とお菓子も配られました!なによりサクサクWiFi無料だったのが流石でしたね、日本やっぱ遅れてるよなと思いました。
セキュリティに関しては、不明です。

江陵着いてからは、バス移動ということは軽く調べていましたが、
アイスホッケーの会場がふたつあること、江陵に着いてから気付きました。
日本女子のアイスホッケー予選は関東アイスホッケー場でオリンピックパークとは違うとこにありました!あぶな!(てっきりオリンピックパークだと思ってた)
バス乗り場のボランティアの方にアイスホッケーを見に行きたいんですが!と聞いたら正しいバスを教えてくれました。

関東アイスホッケー場は大学?の敷地内?にあり、思っていた以上にたくさんの日本人の人が来ていたことにびっくりしました。
入場するまでは手荷物チェックに長い行列が出来ていました。15分くらいかな…。1640開始の試合だったので寒さには全然耐えられましたけど、
これ夜の試合だったら並ぶの耐えられなかったと思います……早い試合の終了時刻19時過ぎにでしたが、外寒かったです!多分-5℃くらい。笑

関東アイスホッケー場は、めちゃくちゃ綺麗でした!その会場で初めての試合ということもあり多少ボランティアの方慣れていないところもありそうでしたが、全然問題なさそう。
競技会場もwifiバッチリありました!
パスワード等の情報は入れないように、と注意書きありました。

会場では公式グッズの販売やってました。ここでしか買えないかも?と思って、ぬいぐるみとか買いすぎました。笑
普通にソウル駅や仁川空港、江陵駅でも買えます。そっちのほうが種類豊富です。笑

飲み物についてはビール4000ウォンって安くないか!?と思いました。笑食事は非常に良心的な価格で驚きました。ちょっと混んでいたので何も買ってないですが。

そのほか、会場では5Gの紹介とか(とっても韓国らしい!)完全喋り方ペッパーくんのなんかよく分からないロボットがいました。

……試合自体は惜しいところで終わってしまったのが残念でしたが確実にソチの時より強くなっているチームを見られて嬉しかったです!!
あやかとはるちゃんが頑張っている姿を見れたのは一生の記念ですレベルでした。オリンピックってホントにすごい舞台に立ってるだけで感動を与える存在ってすごいと思います、ので、やっぱ私はそんな存在の人たちをサポートしたいからスポーツなんだと(はやく統計の勉強しなきゃね、、)と思いました。

帰りは、ソウル駅に向かうKTXが1時間に1本でした。(平昌会場の駅→ソウルは多いけど、江陵→ソウルは少ない?という説(確かめてません))
試合終わりの19時過ぎからソウルに向かうのは、1950の次2100!
あやかと会う?ことを考えて2100の予約取ってましたが同会場で次の試合もあったので選手もすごいスピードで引き上げてしまい、これは帰るかあとなり1950のKTXを必死に探しました。(更新かけ続けると空きが出る。笑)

帰りのバスは、激混みで道も渋滞するのかなあと思ってましたが(WDWのカウントダウンでバスは渋滞するいうことを学習した)
なかなか良い対応だったのです!
江陵駅へのバスの列に100人くらい待機してましたが、ビニールシートに囲まれたところで(これで多分2,3℃は暖かい。笑)
かなりの頻度でバスが来たので待機時間は10分もなかったと思います。
しかも一部専用道路になっていたっぽかったので、渋滞なし!
江陵駅までは会場を出てから、歩いてバス乗り場へ向かい、バス待機し、バスに乗り、で約30分で着いたと思います。
開会式から帰れない人がいたとの事だったので心配しましたが江陵は会場までの行き帰りの交通の良さにびっくりでした。

帰りのKTXは普通席に乗りましたが、
うーん、隣に乗ってきた人が酔っ払ってる?ような人でなんか臭いしパーソナルスペース近い近いって感じだったのでちょっと嫌でした。喧嘩しているような家族もいたし、近くに日本人の方がいたので安心でしたが、
ホントにひとりだったら怖かったと思います。そういう所心配な方はグリーン車の方を。。

ソウルに帰ってきたのは22時前でしたが、ソウルも変わらぬ寒さでした!
2日目は明洞で普通に買い物をして帰りました。
MEDIHEALが安く買えて嬉しかったなああああ。笑笑

てな感じでわたしのひとりオリンピック観戦記でした!